不動産投資解明アシストimage
不動産投資で安定したキャッシュフローをめざせ

アベノミクスに乗り遅れたと感じている人、安定したサラリーマンの月収をテコの原理でしっかり増やしたい人、少しまとまった預貯金があるけれど、ゼロ金利時代には不安という人、不動産投資に興味が出てきたものの、どこからスタートしていいのか迷っているという人は少なくないでしょう。

不動産投資は、収益の見込める物件に対して資金を投入し、リスクを取ることで利益を生み出そうという投資スタイルです。

★Check!>>不動産投資のGlobal Homes

利益には二通りあり、ひとつは物件を賃貸に出すことで家賃収入を得るインカムゲインの部分と、最初に物件を購入した時の価格以上に売却をすることで得られるキャピタルゲインがあります。

不動産価格が右肩上がりになれば、この両方の利益を得ることができるという投資法です。

家賃は毎月のキャッシュフローとなり、サラリーマンとして安定している人にとっては、収入源が倍に増えることになります。

投資にはさまざまなスタイルがありますが、毎月安定したキャッシュフローがある投資は多くはありません。

株式投資では配当は半期に一度、一年に一度といった頻度です。

また、たとえ上場大企業であっても、業績次第では減配になることもあります。

不動産投資では入居者さえ入っていてくれれば、毎月の家賃収入が継続することになり、個人年金代わりにと不動産投資をする人が絶えないのも事実です。

購入額を低く抑え、将来性のあるエリアに物件を持っている場合には、売却益の可能性もあります。

収益率の高い物件は、売却益にもつながりますから、大家業にも力が入ります。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By 不動産投資解明アシスト. All Rights Reserved.